Return to site

親しき中にも礼儀あり

親しき中にも礼儀あり

日々のコミュニケーション

 

悩める子羊の皆様にまた会いたい人になっていただくためのサポートは感じ、考える毎日

 

その中で改めて感じた昔の人が考えた言葉の重み『親しき中にも礼儀あり』

 

セミナーやコンサル、研修をとおしてお伝えするのは「関係性」

 

相手がお客様や上司、部下である場合、その考え方にはちょっとした工夫が必要です

 

それは、どんなに信頼関係が高まっても相手はお友だちではないんですよ。そのことを前提としたコミュニケーションを心がけましょうね。。。というもの

 

ですがここには少しカラクリがあって、もてなしを心がけるにあたっては相手が誰であっても、受け取り手目線の言動が良質なコミュニケーションとなるんです

 

そこで思い出す『親しき中にも礼儀あり』

 

ホント、そのとおり

 

もてなしは親しき中にも必要な心がけ

 

親しい関係性に甘えた言動が『可愛さ余って憎さ百倍』にならないよう、心に留めておきたいな。。。と思う機会がありました^^

 

いつもありがとうございます

 

ホスピタリテイナー® 村上えり子

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly