Return to site

『すみません』の落とし穴①

『すみません』の落とし穴①

『すみません』

こうやってよく謝る人っていらっしゃいますよね

この『すみません』には落とし穴がいくつかありますので今日はその中の1つをご紹介

『すみません』これを連発する方にはいつも“残念”さを感じ、可能な限り『ありがとう』を遣われることをおススメしています

それはなぜか?

『すみません』と

『ありがとう』の主役は誰か?

を、考えていただけると“あ!”と気づかれる方も多いでしょう

そう、また会いたい人になるためのコミュニケーションの目的は【承認】。相手を承認することです

『すみません』は「許してください」の自分目線の言葉

『ありがとう』は相手の行為を承認することになる目的そのものの言葉

どちらが人の心をつかむかは言うまでもありません

もちろん『すみません』『申し訳ありませんでした』とお詫びしなければならないシーンはあるとは思います

ですが『ありがとう』で言い換えられる場合には、選択されることをおススメします

あなたもなんでもかんでも『すみません』で済ませてはいませんか?

いつもありがとうございます

0.5秒で心をつかむ!印象と話し方

ホスピタリテイナー® 村上えり子

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly